発達障害

発達障害の子供 小学校どうする? 先輩ママに聞いた学校選びの決め手

発達障害のある子供の小学校選び

発達障害のある子供を持つ親御さん。

小学校選び、迷いますよね。

発達障害があると

  • 地域の小学校にそのまま行っても大丈夫かな?
  • 他の地域の小学校の方がいいんじゃないか。
  • 手厚く支援してもらうには支援学校の方がいいかな?

など、悩みがつきません。

かち
かち
私も現在年中の発達障害の息子がいます。
小学校選び悩んでます。

そこで、実際に発達障害の小学生を持つ親御さんはどのようにして今の小学校に決めたのか、リアルな声をSNSを通して聞いてみました。

https://twitter.com/officemy3/status/1173200048659681280?s=20

スポンサーリンク

発達障害の子の小学校はどこにする?

発達障害のある子供が年中くらいの歳になってくると、次、小学校はどうしようかなぁと考えるようになりますよね。

そこで就学先として考えられるのが主に3つです。

  • 地域の小学校
  • 地域外の小学校
  • 支援学校

実際にどういった理由で進学先の学校を決めたのかの実例を紹介します。

地域の小学校
  • 授業の雰囲気、給食などの環境が良かった
  • たまたま支援に力を入れている学校だった
    入学数ヶ月前からお試しさせてもらえた
  • 支援級の拠点校だったため、他校より手厚い
  • たまたま地域が小規模校で人数が少ないのが良かったから
  • 園長と校長につながりがあり、いい学校だと推しがあった
    実際体験で支援がしっかりしている印象
  • たまたま通級も支援級もある学校で手厚かったため
  • 母子ともに無理なく安心して通える
  • 自身の母校で長きに渡る支援の実績がある学校だった

地域外の小学校
  • 通級がある学校を選んだ
  • 市のモデル校が隣の学区だったから 合理的配慮に圧倒的差がある
  • 地域のママ友に支援級を馬鹿にする人がいたから
  • 小規模校を希望していたため

支援学校
  • カリキュラムがしっかりしてる
  • 先生の異動が公立小学校に比べて少ない
  • 地域の支援級に初めは行ったが、思うような支援が受けられず転入
  • 重度のため迷わず一択

これらの結果を見ると、住んでいるから必然と地域の学校へ行くといった選択は少ないのかなぁと感じます。

子供の特性にあった学校や、より支援の手厚い学校を選択している印象です。

事前に下調べが需要ですね。

今回ご回答くださった方の場合、割合としては以下のようになりました。

発達障害のある子供の小学校就学先の割合グラフ
  1. 地域の学校を見てみる
  2. 地域外の小学校をみてみる
  3. 支援学校をみてみる

またその他の意見として

どこに入っても結局は運

という意見もありました。

公立の場合は特に、先生の異動が突然あったり、担任の先生がどのような先生になるのかはわからなかったりで、入ってみなければわからないという事も多いのではないでしょうか。

スポンサーリンク

発達障害の子の小学校、在籍はどうする?

公立の小学校に決めた場合には、在籍級をどうするかも決めなくてはなりません。

  • 通常学級
  • 支援学級
  • 通常学級に在籍しながら通級教室の利用

3つに分かれてきます。

在籍級は、その子の特性や困り感などによってそれぞれ違うと思いますが、実際にどのように決めたのかをまとめました。

通常学級に決めた理由
  • トイレの自立、授業についていける、友達を見て努力できる
  • 見た目重度に見えるため、支援級や支援学校だとアカデミックなことはさせてもらえないと思ったから
  • 健常の子と過ごしていろんな問題を乗り越えさせたい
    自分の気持ちをコントロールできるように成長してもらいたい
  • 幼稚園と小学校の連携が取れていて、兄が通っているため
  • お世話になっている専門家の先生に普通級を勧められた
    支援級だと普通高校への進学ができない地域なため
  • 地域の通常級か学区外の支援級かで迷った際、学校側の対応が良かった地域の通常級に

支援級に決めた理由
  • 市の判定や相談で決めた
  • 支援学校か迷ったが、周りからの刺激を受けて伸びてくれるタイプだと思ったから
  • 支援学校か迷ったが、まずは地域でやってみようと思った

通級利用の理由
  • 合理的配慮や支援に対して柔軟で積極的
  • 通級のない場合支援級のみが頼みの綱で、支援級の先生の異動や経験によるため
  • 少人数でじっくり見てもらえる方が、対人スキルのない子に合っていると思ったから

この結果から

通常学級はある程度の自立が必要ではあるが、定型発達の子どもたちの中で社会性を身につけてもらいたいといった印象です。

支援級は、就学相談の際に教育委員会の方との相談などをしながら、大勢の学校の中の小集団というポジションを選択されているようですね。

かち
かち
支援級は集団も個別も経験できるいいとこ取りの印象ですね。

今回ご回答くださった方の場合、割合としては以下のようになりました。

発達障害のある子供の小学校の所属割合グラフ

発達障害のある子供の小学校選び まとめ

以上、SNSで実際に小学校を決めた先輩ママさんから聞いたことをまとめました。

かち
かち
現在私自身も子供の就学先に非常に悩んでいるのですが、この結果を見て今すべきことが少しずつわかってきました。

地域にかかわらず、まずは小学校を見学してみることが大切です。

先輩ママ達はいろんな学校に何度も足を運んで、実際の学校の雰囲気や先生とのお話で学校選びをしているようです。

まずは地域の小学校や支援学校に見学に行かないと悩んでいても答えは見えません。

かち
かち
私もこの質問をしてから、支援学校含め3校の小学校に見学に行きました。

小学校選び悩みますが、実際に決めて来られた先輩ママの意見はかなり勉強になりますね。

小学校を決めてこられた方の意見を参考に、私と同じく小学校悩んでいるお母さんと子供が素敵な環境に巡り会えますように。

この質問にご回答くださった先輩ママさん達にはとても感謝しております。

心より御礼申し上げます。

スポンサーリンク