発達障害

発達障害、赤ちゃんの時からわかるの?

発達障害、赤ちゃんの時からわかるの?

発達障害とは、生まれながらの脳のタイプの違いによるものです。

ということは赤ちゃんの時から健常児とは違うということですよね。

0歳児の段階で特徴があるのでしょうか。

0歳の赤ちゃんを育てているお母さんは、子供の発達を心配しながら子育てしていますよね。

  • うちの子は発達障害じゃないかな?
  • 泣き方が激しいけど大丈夫?
  • 赤ちゃんってこんなもんなのかな?

など、考えることもありますよね。

発達障害の子供はみんな同じ特性がある訳ではなく、個性のようなものなので様々です。

結論から申します。

発達障害の子は、赤ちゃんの時にみんなが特別な特徴がある訳ではないです。

人はみんな個性があり、性格も人それぞれですよね。

赤ちゃん時代も当然色んなパターンがあるのではないでしょうか。

我が家の2人の発達障害がある子供の赤ちゃん時代がどうだったかを紹介します。

かち
かち
完全に我が家の実体験です。

同じ状況だからといって発達障害だというわけではありませんよ。

スポンサーリンク

発達障害の息子の赤ちゃん時代

発達障害の息子の赤ちゃん時代

現在4歳の息子は28ヶ月のときに、発達障害である自閉症スペクトラムと診断を受けました。

0歳の赤ちゃんのときはこのような感じでした。

  1. 36時間を越える難産
  2. 抱っこを嫌がり海老反り
  3. 一日中泣く
  4. 授乳を海老反りで拒否
  5. あまり笑わない
  6. 腰座ってないのにつかまり立ち
  7. ハイハイ期間はごくわずかで歩き始める

1. 36時間を越える難産

初めての出産は時間がかかると言いますが、とにかく長かった。

5分おきくらいの陣痛が30時間以上続いて、出産って大変なんだと身をもって知りました。

2. 抱っこを嫌がり海老反り

赤ちゃんって、泣いていたらとりあえず抱っこしますよね?

私も抱っこしていたのですが、海老反り。

抱っこ嫌なの?何して欲しいのー?と毎日こちらが泣きそうでした。

3. 一日中泣く

生後2ヶ月くらいまでは一日中泣いてばっかりの日が多かったです。

夜中もずっと泣いて、抱っこしてあやしていて気がつけば夜が開けていた!なんて日もありました。

4. 授乳を海老反りで拒否

頭を仰け反って全力で嫌がっていました。

そんなに私の乳が嫌か。とへこんだり。

ミルクで全然良かったのですが、産後お世話になっていた助産師さんが一生懸命授乳を教えてくれるので、初めての育児で右も左もわからない私はひたすら仰け反る頭を押さえつけて授乳しようと頑張っていました。

5. あまり笑わない

5ヶ月くらいからちょこちょこは笑うこともあるのですが、こちらがあやしたり目があったら笑うといったことはあまりありませんでした。

6. 腰座ってないのにつかまり立ち

7ヶ月頃、なかなかお座りが出来ずに、コロコロ転がるか、ほふく前進しているかでよく動いてはいました。

そのうちそのたくましい腕力でテーブルにつかまって、腰グラグラでつかまり立ちをはじめました。

7. ハイハイ期間はごくわずかで歩き始める

腰が座らないのでハイハイも出来ずにほふく前進とつかまり立ちばかりしていたのですが、11ヶ月頃に腰が座ったのか歩き始めました。

ハイハイ期間はほぼ無しです。

スポンサーリンク

発達障害の娘の赤ちゃん時代

発達障害の娘の赤ちゃん時代

現在2歳で23ヶ月のときに、自閉症スペクトラムと診断を受けました。

娘の0歳の赤ちゃんのときはというと、兄とはまた全然違いました。

  1. 12時間の普通の出産
  2. 抱っこしてゆらゆらすると寝る
  3. 寝たら置いても大丈夫
  4. 授乳も離乳食も問題なし
  5. 人見知り
  6. 首、腰、お座り、ハイハイ、つかまり立ち、一人歩きと母子手帳通り
  7. 泣きが強い

1. 12時間の普通の出産

2人目以降は出産時間が早くなるといいますが、その通り、1人目よりは早く産まれました。

2. 抱っこしてゆらゆらすると寝る

抱っこは好きだったようで、抱っこしてゆらゆらあやせばスヤーと寝ていました。

3. 寝たら置いても大丈夫

抱っこで完全に寝てしまっていたら、そーっと置いても問題なくそのままお布団で寝てくれていました。

4. 授乳も離乳食も問題なし

授乳も兄のように仰け反って嫌がることもなく、離乳食も嫌がることもあったけど、まぁ月齢相応くらいには進めることができました。

5. 人見知り

4ヶ月頃から人見知りが始まり、私以外だと誰が抱っこしても泣いていました。

知らない人が道で話しかけてくれるものなら泣き出して申し訳なく思っていました。

6. 首、腰、お座り、ハイハイ、つかまり立ち、一人歩きと母子手帳通り

体の発達については、母子手帳に書いてある時期通りの成長で、順調に育っていて、兄とは違うなと感じていました。

7. 泣きが強い

泣き始めたら火がついたように大声で泣き、怒っていました。

あやしたらすぐに泣き止むと言った感じでもありませんでした。

発達障害は赤ちゃんの頃からわかるのか まとめ

上記を見てもらっても、兄妹で全く違います。

しかし2人とも自閉症スペクトラムと診断を受けています。

今思い返せば、兄は赤ちゃんの頃からなかなか個性的ではあったかなぁと思います。

しかし、初めての子育てで、赤ちゃんってこういうものだと思っていたので、当時は発達障害を疑いもしませんでした。

妹に至っては兄と比べて全然違うので、赤ちゃんの頃は、「なんと育てやすい!定型発達の赤ちゃんってこんなにも育てやすいのね!」と思っていました。

発達障害だからといって、赤ちゃんの時にみんなが特別な特徴がある訳ではないのですね。

また、息子のように個性的な赤ちゃんだとしても発達障害だとは限りません。

赤ちゃんにも色々な子がいるし、発達障害だったとしてもそれは生まれつきのものです。

お母さんは責任を感じる必要も、罪悪感を抱く必要もありません。

あたたかい眼差しで育ててあげるのが一番ですね。

ただ、発達障害はしっかり発達の検査をして専門の医師に診断をしてもらわないとわかりません。

少しでも不安だなと思いながら子育てしているなら、医師に相談するのも手ですよ。

スポンサーリンク